2017年08月19日

国際会議IAVSD 2017 in Australia.にて論文発表

8月14日〜8月18日,オーストラリア,クイーンズランド州ロックハンプトン.
セントラルクイーンズランド大学にて開催された,
自動車と鉄道の運動力学,制御に関する国際会議
IAVSD 2017
25th International Symposium on Dynamics of Vehicles on Roads and Tracks
に参加,論文発表を行ってきました.
本国際会議は自動車(Road)と鉄道(Rail)をパラレルセッションで行う歴史のある学会です.

20170814_083821742.jpg

以下のタイトルで論文発表を行ってきました.
セッションは初日14日(月)の午前中『Road1 – Handling Dynamics 1』

Dynamic Rollover Characteristics of Personal Mobility Vehicles with Lean Mechanism
Tetsuya Kaneko(Osaka Sangyo University), Japan
Ichiro Kageyama(Nihon University),Tetsunori Haraguchi(Nagoya University)

内容は現在,我々の研究室が合流しているパーソナルモビリティプロジェクトに関するもので,今回は多自由度の運動力学モデルによるシミュレーションを用いて,急操舵を模した周波数の異なる正弦波のハンドル入力に対する車両挙動を解説しました,特に現在検討中の車両タイプとして3輪,4輪タイプ,前輪操舵,後輪操舵と車両の車軸,操舵系の構成の違いと横転限界,またロール運動の収束性について発表しました.

ScreenClip[1]1.jpg

ScreenClip[1]2.jpg

ScreenClip[1].jpg

二日目は講演と午後の後半から夜にかけてはポスターセッションが行われました.
近年中国からの参加者が増加してかなりの数です.
今回のオーラルプレゼンテーションや論文の採択率は比較的低かったようで,発表できてよかったと思います.

20170815_180322491.jpg

3日目午前は講演,午後はテクニカルヴィジット.正直,自動車産業はあまりない国ですが,オーストラリア特有4×4車両のサスペンションのサードパーティメーカ『Dobinsons Spring and Suspension』 の見学をしてきました.RVは私の興味対象外なので知りませんが,その世界では名の知れたメーカーのようで,日本にも輸出されているようです.ばねの製造過程は興味深いものがありました.

20170816_152606696.jpg

20170816_135012115.jpg

最終日前夜は Official Banquet しっかりとネクタイをして参加,女性研究者や家族同伴の方は特にドレスアップして参加します.最近わりとカジュアルな傾向ですが,まだこの学会はヨーロッパの国際会議の雰囲気が残っています.
お酒も入り,国内外の研究者とフランクな情報交換ができました.

20170817_210842080.jpg

次回2019年の開催地が発表され,スウェーデンのヨーテボリの決定.
最近スウェーデンでの国際会議が多いように感じますが,北欧は好きなので是非参加できるよう論文を出したいと思います.

20170817_212143127.jpg

長かった会議も思えばあっという間,Awards and Closing Ceremony.

20170818_124005438.jpg

長年この会議のPresidentを務めたDTU(デンマーク工科大学)のHans True教授(私が学生の頃からですから長い!)からUK,リンカーン大学Tim Gordon教授への交代も行われました.

20170818_130056810.jpg

また,最後には来年北京で行われる国際会議AVEC2018のアナウンスもありました.
6月後半という日本の大学人には厳しい時期です.場所も・・・.参加は検討します

20170818_125919391.jpg

ということで本日のフライトで帰国します.
ロックハンプトン→ブリスベン→シドニー(一泊)→成田→伊丹
と長旅になります.

KANEKO
posted by OSU-AVSL at 07:34| Comment(0) | 学会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: