2018年03月06日

受賞:JSAE関東支部2017年度学術研究講演会

2018年3月6日(火)慶應義塾大学 日吉キャンパスにて,
(公社) 自動車技術会 関東支部 2017年度 学術研究講演会 (ICATYE)が行われました.

そこで,吉報・朗報が入りました.
ここ数年,パーソナルモビリティビークルPMVの研究開発において名古屋大学,日本大学,IPG Automotiveほかと共同研究を行っていますが,今回上記講演会で日本大学,景山・栗谷川研究室4回生の松田明子さんの研究発表テーマ
---
リーン機構を有するパーソナルモビリティビークルの主観評価に関する研究
〇松田明子,景山 一郎,栗谷川 幸代,原口 哲之理 ,金子 哲也,小林 祐範,村山 哲也
---
で,ベストペーパー賞,ベストプレゼンテーション賞を同時受賞しました.
ベストペーパー賞は連名著者も表彰対象ということで,名古屋大学NICに通い詰めた甲斐があります.賞状は後で送られてくるそうです.
また,プレゼンテーションも素晴らしかったということでベストプレゼンテーション賞も受賞.
松田さんの真面目にコツコツ,かつ明るく研究に取り組む姿はとても誇らしく思います.おめでとうございます.4月から大学院ということで今後の活躍が益々期待されます.

S__6283267.jpg

名古屋大学NICのシミュレータ端末に真剣に取り組む姿.
男性,女性とどうこう言うのは好きじゃありませんが,リケジョ,メカジョとして今後も活躍してください.

20170826_113148341.jpg
posted by OSU-AVSL at 20:36| Comment(0) | 研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: