2018年07月25日

AVEC2018 in Beijing

8月16日〜20日,中国,北京で開催された国際会議
14th International Symposium on Advanced Vehicle Control,AVEC'18
に参加してきました.今回は精華大学(Tsinghua University)がホストです.

banner.png

本会議は自動車の自動運転技術,先進制御技術に関する国際会議で,二年おきに開催されています.前回はドイツミュンヘンでした.
今回で14回目,私が大学院生の時からほぼ毎回参加しています.
場所柄,中国国内からの参加が多く,とてつもない勢いで発展していく様子がうかがえます.

International Scientific Committee Chairは私がミシガン大学留学時にお世話になったHuei Peng教授で,ほかミシガン大学からの参加者も数名いて,久しぶりに会えて嬉しかったです.

37299186_1789884994422093_5468700842028695552_n.jpg

著名な研究者のキーノートスピーチや先端の自動車運動制御についての講演を聴講し,情報収集,意見交換を行いました.
↓自動運転の大家Prof. Wallentowitzの講演

37357334_1791141934296399_7515906624393838592_n.jpg

ミシンガン大留学時にドクターコースにいた学生がPhD.取得後Reserch Associateとして参加していて、今回Awardsを受賞、市街地を模したテストコースM-cityを利用した研究成果でした。

37400811_1794021990675060_7153719234982313984_n.jpg

最終日のテクニカルビジットでは「Research Institute of Highway Ministry of Transport」の見学に参加しました.いわゆる自動車走行試験場ですが広い国土を使い効率よく設計されて,一研究機関としてしっかり機能しており,中国の急速に発展している自動車交通技術のトレンドを調査することができました.

Clipboard01.jpg

次回二年後は日本,神奈川工科大学で開催です.

KANEKO



posted by OSU-AVSL at 11:51| Comment(0) | 学会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: