2018年04月28日

2018年度第1回卒研発表会

4月26日夕刻より本年度第1回目の卒研発表会を行いました.
卒研の良いスタートをきるため,リクルート活動における卒研内容質問対策などを考え,毎年かなり早いタイミングで各研究テーマのプレゼンテーションを行います.(間違いなく本学科では一番早いでしょう)
研究を始めるにあたり研究テーマの動機,社会的背景,目的,国内外での研究状況,本研究室でのこれまでの取り組みほか,各テーマ毎に必要な課題をまとめ,最後に年間研究計画を発表しました.
年度初めのミーティングから2週間というわずかな時間でどこまで研究を自分のものにできるか試されます.

IMG_1206.JPG

卒研生からの希望でゴールデンウィーク(実際は祭日も通常スケジュールが多く連休にはなっていない)前に開催することにしました.気持ちは分かりますし,前倒しの方が良いと思いました.

就活や講義ほか,色々忙しい中のタイトなスケジュール,正直不安でしたが,想像以上に個々がテーマを理解し,自分の言葉でプレゼンテーションを行うことができていました.今年の成果を期待させる内容でした.

IMG_1209.JPG

KANEKO
posted by OSU-AVSL at 22:54| Comment(0) | 日記

2018年02月18日

2017年度自動車技術会 卒業研究発表講演会

小雪ちらつく中,
2018年2月17日(土)京都大学 吉田キャンパスにて,
公益社団法人 自動車技術会関西支部
2017年度 第34回 卒業研究発表講演会
に我々研究室が参加,発表してきました.

先週の学科主催の発表会に続き,もう一つの卒研発表会です.
京都大学,岡山大学,滋賀県立大学,広島大学,同志社大学,摂南大学,大阪市立大学と並び講演を行いました.

1.jpg

学内講演から,発表者を交代します.
セッション32 運転制御
ヒューマンドライバの運転行動を規範とした自律走行車両の制御目標生成に関する研究
〇山口 昌志,上田 大貴
IMG_02.jpg

トレーラ輪のアクティブ制御による大型特殊トレーラの追従性向上と自律走行化に関する研究
〇井田 集,尾浦 健太郎
IMG_03.jpg

セッション33 車両運動性能
リーン機構を有するパーソナルモビリティの運動特性と周辺交通との干渉シミュレーション
〇尾形 和亮,嶋野 太起
IMG_04.jpg

AHP(階層分析法)において走行予測リスクポテンシャルを用いた合流部意思決定アルゴリズムの開発
〇茨木 宏将,中井 佑弥
IMG_05.jpg

セッション34 運転制御・ヴァーチャルリアリティ
自動二輪車の運転行動計測用ライディングシミュレータの現実感向上に関する研究
〇石嶺 赳,山田 大輔
IMG_06.jpg

優秀講演賞は逃したものの,関西有数の大学と並んでも見劣りするどころか,
総じて優秀な研究内容,発表態度でとても誇らしく思いました.

これで卒研生はひと段落,といきたいところですが,自動車整備士国家試験に向けて毎日講習中です.
でもひとまず緊張感はほぐれ,懇親会を楽しんでいました.

また,尾浦君,学自研委員一年間ご苦労様でした,次年度は山口君よろしくお願いします.

Clipboard01.jpg

KANEKO
posted by OSU-AVSL at 10:47| Comment(0) | 日記

2017年12月23日

年末パーソナルモビリティ実験

2週連続で週末は名古屋大学NIC(ナショナル・イノベーション・コンプレックス)にて,
パーソナルモビリティのシミュレータを使用した実験でした.
本年度に入り,数回の試行錯誤を繰り返しながらの本実験といったところです.
DSのオペレーションや運動解析ソフトCarMakerの操作を学生さんが習得してきました.
おかげで私は立ち合い監修程度のタスクで溜まったデスクワークも少し進みました.

20171216_162744806.jpg

先週は北澤先生も被験者として参加していただきました.
同じように被験者を使った実験をしていますから,リーズナブルな主観評価を示していただけました.
ほか,名古屋大学,名城大学の学生さんにも協力していただきました.こういう時に他大との連携ができるというのは大事です.

20171216_162710774.jpg

並行して,自動車技術会,二輪車関係委員会のワーキングで二輪車のタイヤ特製計測も行っていました.
かなり貴重なデータが取れています.二輪車の運動力学関連の研究を行うことを条件にデータ提供の約束をしましたが・・・正直,カラダが足りません.

20171215_114041347.jpg

『ゆっくり自動運転』
↓何を意味しているのか分かりません.あまり同意できないかもしれません・・・.

20171223_094105019.jpg

とりあえず年内の出張は終了です.
PMVの実験はまた2月に再開,被験者n数を増やしていきます.
5月自動車技術会春季大会,7月北京の国際会議AVECへ向けてまとめていきます.

また,我々の研究室の卒業研究はまだまだ続きそうですね.まだまだ今年は終われません.
世間はクリスマスですか・・・.そうですか・・・.

20171223_175920643.jpg

KANEKO






posted by OSU-AVSL at 19:52| Comment(0) | 日記

2017年12月06日

日本機械学会TRANSLOG2017

12月4日〜6日,大阪府立大学にて,
日本機械学会,第26回 交通・物流部門大会TRANSLOG2017が開催され,参加してきました.
これまで,川崎→東大生研で長年開催してきましたが,今回初めての大阪開催です.
また,本研究室の次年度大学院に進学する卒業研究生2名が発表を行いました.

20171205_083934310.jpg

まず,大会2日目の12/5午後,
セッションOS4-1 環境認識と経路生成にて,
タイトル「2108 市街地走行環境におけるリスクポテンシャルフィールド推定と自律走行車両のための制御目標生成アルゴリズムの開発」
○山口 昌志(大阪産業大),北澤 章平,金子 哲也

自動化レベル最上位を目指し,車線内に電柱,歩行者,対向車などが存在する市街地走行を想定した自動運転車両の制御目標生成についてのシミュレーション評価の結果を発表しました.
他の自動運転研究ではいつも広い車線,はっきりとした白線,走行区分で交通法規を順守する走行が前提としたものが多いですが,今回我々の発表で『完全自動の車が走行するということは,そんなキレイ事じゃない』ということが伝わったでしょうか・・・.
20171205_172430359.jpg

発表の山口君.緊張はしていたと思いますが,落ち着いたスピーチに見えました.
学部4年生+初めての学会発表としては概ね良い発表でした.Q&Aは今後の課題ですね.

20171205_172559686.jpg

3日目12/6,午前から正午にかけて,尾浦君がポスターセッションで発表をしました.
「大型特殊トレーラの操舵制御を用いたドライバアシストシステムと自動走行化に向けたアルゴリズム開発」
○尾浦 健太郎(大阪産業大),北澤 章平,金子 哲也

トラクタ,トレーラ車両システムの高度化では長年取り残されてきたトレーラ部について,ドライバアシスト,自律操舵制御などインテリジェント化を図る研究です.
2日後には愛媛県で走行実験を控え,準備に忙しい中での発表です.

まずは30秒間のショットガンプレゼンテーション.

20171206_103526367.jpg

その後,約1時間様々な研究者の方々にポスターを用いて研究をアピール.
尾浦君,準備ではかなりバタバタしましたが,自信をもって話はしているように見えました.

20171206_111817268.jpg

その他,名古屋大学,日本大学,IPG Automotiveとの共同研究で日本大学の松田さんがポスターで連名発表してくれました.
「リーン機構を有するパーソナルモビリティビークルのタイヤコーナリング特性に着目した旋回特性の研究」
○松田 明子(日本大),景山 一郎,栗谷川 幸代,原口 哲之理(名古屋大),金子 哲也(大阪産業大),小林 祐範(IPG Automotive),村山 哲也

20171205_111100519.jpg

来週,このテーマについては名古屋大学で実験です.
20171205_115110491.jpg

また,2日目午後,部門功労賞では,私の卒研,博士前期課程の指導をしていただいた恩師,日本大学,綱島先生の授賞式と基調講演がありました.
研究遍歴の紹介では,綱島先生が日本大学に着任して初めての受託研究でもあり,私の卒論,修士論文のテーマであるデュアルモードトラックの運動解析の話で,私の名前も出てきました.懐かしいです.思えばこの時期から大型車の自動運転に関わっていたんですね.

20171205_150452742.jpg

KANEKO
posted by OSU-AVSL at 15:18| Comment(0) | 日記

2017年02月24日

自技会,学自研卒研発表会 優秀講演者に選出!

以前投稿しましたが,
2017年2月18日(土)に大阪工業大学大宮キャンパスにて
自動車技術会,関西支部 学生自動車研究会,卒業研究発表講演会
に本研究室から6件のテーマの研究発表を行いました.

以下の関西有数の大学(岡山大学,京都大学,同志社大学,大阪大学,大阪府立大学,大阪工業大学,広島大学,近畿大学,大阪電気通信大学,摂南大学,滋賀県立大学,大阪市立大学,大阪産業大学)
における自動車関係を対象とする卒業研究テーマ全51件の発表より4テーマが優秀講演発表者として表彰され.

本研究室の 中 一稀 君が
テーマ「先進車両のための新操作系に関する研究」
で受賞いたしました.

16831839_1239399862763757_1159156981130329511_n.jpg

16807800_1239397102764033_9034136979634349017_n.jpg
自動車技術会 学生web活動委員会より写真提供

本研究は,人間中心設計の観点からドライバが身体的・精神的負担を感じることなく快適性を高め,操作の習熟を可能な限り少なく直感的に扱える従来の形状やシステムにとらわれない次世代の自動車の操作系の提案したものです..

P2170075.JPG

ScreenClip[8].jpg
posted by OSU-AVSL at 13:57| Comment(0) | 日記

2017年01月12日

大学案内,研究風景撮影

本日,次年度の大学案内の撮影が行われました.
本学科では比較的大型で特色のあるの施設としてドライビングシミュレータをメインに撮影しました.
普段の研究風景を・・・と.
ちょっとした小芝居を演じる学生.
卒研概要〆切直前の切羽詰まった中,協力してもらいました.

ちなみにDSの稼働中はこんなに近づいてはいけません.

20170112_163732707.jpg
posted by OSU-AVSL at 17:29| Comment(0) | 日記

2016年10月28日

自動車技術会秋季大会2016 in 札幌

10/19〜10/21,札幌コンベンションセンターにて,
自動車技術会、秋季大会 in 札幌に出席してきました.
春季は横浜,秋季は地方持ち回り,その中でもやっぱり札幌は特別です.

DSC_0265.JPG

学会の初日は,IPG Automotive社との来年スポンサード継続を左右する大事な連名発表がありました.

セッション:自動車の運動と制御 II
大型5面立体視没入型ドライビングシミュレータによるパーソナルモビリティビークル研究の展望
原口哲之理, 金子哲也, 景山一郎, 栗谷川幸代, 小林祐範

翌日の打ち合わせにて,無事契約更新.こちらが思っていた以上の条件で継続することができました.

よりによって札幌は初雪.コート持ってませんでした・・・

20161020_205012344.jpg

二日目は北澤先生のスピーチで以下の講演発表でした.会場は満席,質問も多く.
興味を持っていただいた方も多かったようです.

セッション:自動運転 I
周辺交通との相互調和を考慮した自律走行車両の制御目標生成に関する研究(第2報)
−リスクポテンシャルおよび車両運動力学モデルを用いた加減速を伴う制御目標生成−,
北澤章平,金子哲也

20161020_105826249.jpg

最終日,私は昼からのセッション:ドライバモデルUの座長を務めました.
聴講者がおとなし目で,質問を考えるのに苦労しました・・・.
そのほか,3日間多くの講演を聴講,議論に参加し自動車研究の最新動向を調査しました.

学会終了翌日の土曜日は,週末を利用してレンタカーを走らせ,
『エタノール蒸留器の性能試験と調査』に余市へ走り.調査終了後帰宅しました.

20161022_113913979.jpg

20161022_113553875.jpg

posted by OSU-AVSL at 16:33| Comment(0) | 日記

2016年09月27日

国際会議 BMD2016 in Wisconsin-Milwaukee, USA

AVEC'16の次の週,私金子はヘルシンキで北澤先生と別れ,成田経由でアメリカへ.
ハーレーダビッドソンの本拠地,ミルウォーキーにおいて開催された国際会議.
Bicycle and Motorcycle Dynamics, BMD 2016 in Milwaukee, USA
に参加,論文発表を行いました.
自転車,自動2輪車,パーソナルモビリティの運動力学に関する唯一と言っていい国際会議です.

14372103_1113132508764015_1536153287081239913_o.jpg

14424914_1113132458764020_2947499077929885629_o.jpg

二日目,朝一番のスピーチでした.
「Development of A Traffic Simulator for Analyzing Mutual Interference between Personal Mobility Vehicles and Traffic Flow in consideration of Vehicle Dynamics」
次世代のパーソナルモビリティが道路交通社会に対して親和するための方策を解析,検討可能なシミュレータに関する発表でした.
聴衆は研究に興味を持ってくれたようです.Q&Aで十分説明できなかった内容は,その後のコーヒーブレイクで補足しました.こちらの方が長い時間,じっくりディスカッションできて意味があります.
ある研究者は同様の車両設計に技術的に苦労しているようです.我々には秘密ですが,たくさんのアイデアがあります.

14390888_1113946895349243_3732776658529035466_n (1).jpg

14361337_1114091042001495_4832109340226036282_o.jpg

14435031_1114089945334938_1647183251267004505_o.jpg

夜のイベントでは「Bikes & Brats at MSOE 」,「Bike Night at Harley-Davidson Museum」.
ユニークな自転車の試乗やHarley-Davidson Museumの見学が企画されていました.
リバースステア(ハンドルを切った方向と反対にタイヤの舵が切れる)の自転車は操縦が難しく全く乗れませんでした.
ミュージアムはHarleyとBuellだけなので正直・・・,なんか昔から変わってない感じ.
目当ては3輪Tricycle,リーンでしたが,なかなか見つからず,スタッフに聞いてストレージにあることが分かり,金網越しに見る事が出来ました.

P9210004.JPG

P9210022.JPG

P9210007.JPG

14424737_1115411441869455_8508000654914353325_o.jpg

14468737_1115411578536108_4003416317979261324_o.jpg

14435220_1115411638536102_7951284820995344955_o.jpg
posted by OSU-AVSL at 20:01| Comment(0) | 日記

国際会議AVEC'16 in Munich

9/13〜9/16,ドイツ,ミュンヘン,Munich University of Applied Sciencesにて開催の国際会議,
13th International Symposium on Advanced Vehicle Control,AVEC'16に参加,発表してきました.

14333712_1106181049459161_2145773839406377728_n.jpg

14352343_1106181079459158_5562326845919087435_o.jpg

北澤先生のプレゼンで以下のタイトルを発表しました.
セッションTh-A2: Automated driving (2)
「Control Target Algorithm for Direction Control of Autonomous Vehicles in Consideration of Mutual Accordance in Mixed Traffic Conditions」
Kitazawa, Kaneko

20160915_130526156.jpg
20160915_130515889.jpg

オクトーバーフェストの直前と言うこともあり,夕方からのパーティではビールが多く振る舞われました.
またバンケットパーティはミュンヘンで一番有名なビアガーデンの地下深くのセラーで行われ,多くの方と情報交換をしました.

14372074_1106582699418996_3392553134672122817_o.jpg

14352610_1106582769418989_2630798016476939426_o.jpg

20160914_185758688.jpg

最終日はテクニカルビジットで
「ADAC(Allgemeiner Deutscher Automobil-Club)」
の見学に行ってきました.いわゆる日本のJAFですね.
ただし,一研究機関としてしっかり機能しているようでした.

14362634_1108594782551121_2131843325085546951_o.jpg

14361202_1108596372550962_892106560604407315_o.jpg

14379867_1108595175884415_645606595490398150_o.jpg



posted by OSU-AVSL at 19:38| Comment(0) | 日記

2016年07月01日

神戸大学非常勤2016

隔年で神戸大学で非常勤をしています.
先端機械工学詳論「自動車性能論」
本日から3週集中で講義します.

神戸大学,正直交通の便が悪いので自家用車で.

IMG_7138.JPG

主に走行抵抗と駆動性能を講義し,本学の「自動車性能論」の短縮版で,
エンジン,車体の組み合わせを自由に選択し,車両を設計して走行性能曲線をレポート提出する内容です.
毎回,雰囲気は違いますが,今年は話をよく聞きながらメモを熱心に取っている学生が多く見られます.
本学の学生と違って普通の機械工学科の学生なので,自動車の用語を使うときに気をつかいます.

IMG_7139.JPG

posted by OSU-AVSL at 19:56| Comment(0) | 日記

2016年06月19日

2016年度第1回オープンキャンパス

本日は2016年度の始めのオープンキャンパスでした.
研究室として2年ぶりの公開.準備には時間がかかりました.
もっと盛り込みたい新しいコンテンツがありましたが,昨年のツケを払うべく,
入試委員の仕事に追われ,なかなか手が付けられませんでした.これからです.

補修が間に合わなかったドライビングシミュレータ.次回は試乗できるように・・・

IMG_7045.JPG

ソフトバンクドライブ,無人バスプロジェクト.ZMPロボットカー.

IMG_7049.JPG

パーソナルモビリティのビデオ,自律走行実験車両LiDARデモ

IMG_7047.JPG

四輪アクティブ操舵実験車両

IMG_7029.JPG

卒研生3名がアルバイトで手伝ってくれました.

IMG_7046.JPG

前日に高校生の見学がありましたので,準備は前日にほぼ完了していたので助かりました.

IMG_7033.JPG

posted by OSU-AVSL at 16:55| Comment(0) | 日記

2016年06月07日

パーソナルモビリティ実験打ち合わせ

本日午後から本学の梅田サテライトキャンパスにて,
日本大学より栗谷川先生にお越しいただき.
パーソナルモビリティプロジェクトのシミュレータ実験の打ち合わせを行いました.
栗谷川先生は今年9月から約1年間海外滞在と言うことで,
なんとか国内にいる間にまとめておきたい用件を話し合いました.

IMG_6990.JPG

打ち合わせ,夕方からは場所と飲み物を変えて続きます.
栗谷川先生とは大学の同級生,学会などで頻繁に会う機会はあるものの,
ゆっくり話す時間は久し振りのような気がします.
同級生で同業種ならではの話が続き,新幹線の時間まであっという間に時間が過ぎました.
posted by OSU-AVSL at 21:08| Comment(0) | 日記

2016年02月10日

第11回車両特性デザイン部門委員会 出席

昨年4月より,ほぼ1年間欠席させていただいていた
自動車技術会,車両特性デザイン部門委員会に出席してきました.
場所は東京,市ヶ谷の自動車技術会4F会議室です.

IMG_5832.JPG

以前にもこのブログで説明しましたが,本委員会は元々は主に大型車両に関する議論の場でしたが,
現在は範囲を広め,自動車から,新交通,鉄道,重機,農機,装軌車両などなど大きく乗り物を取り扱った委員会で自動車以外の分野の話題提供が多く,非常に学ぶことの多い委員会です.

今回の話題提供は以下の2件
「鉄道などで用いられる新しいホームドアの紹介」株式会社神戸製鋼所

「装輪装軌ハイブリッド車の走行性について」防衛大学校

これまであまり気にして見ていなかった鉄道ホームの防護柵,その種類や高度化に関する内容で非常に貴重な話を聞くことができました.
関西方面の導入は残念ながら遅れています.その理由として,各運行会社の相互乗り入れによる車両の違いがありますが,今回紹介いただいた可変式ホームドアであれば対応可能だと思います.ホームの転落事故は頻繁に起こっていますので,早期の導入が望まれます.

2件目の話題は,通常の自動車と同じ装輪車と装軌(キャタピラ)のハイブリッド車両の開発に関する内容で,主に運動力学に基づいた走行性能の解析について講演いただきました.
装軌と地盤のモデリングはなかなか民間では取り扱わないテーマです,
模型実験を行っていますが地盤の実験相似則の取り扱いは複雑で気になるところです.
posted by OSU-AVSL at 15:50| Comment(0) | 日記

2016年02月05日

自動車技術会関西支部 第2回理事会

本日はアメリカからの帰国後初の出張.
大阪ガーデンパレスにて
自動車技術会関西支部 第2回理事会に出席してきました.
海外の事情を知れば知るほど,このような産業界と大学との連携が大事に思えます.

IMG_5816.JPG

会議終了後の懇親会ではいろいろな団体,企業のかたとお話をすることができました.
posted by OSU-AVSL at 23:36| Comment(0) | 日記

2016年01月05日

Happy New Year 2016

あけましておめでとうございます.
本年もよろしくお願いします.

今年は留学期間を終え,新たな研究室のスタートになります.
充実した一年にしたいと思います.

次年度卒業研究(現セミナー生)のテーマが決まりました.
(なお暫定です.受託研究,共同研究などの外部事情や研究動向により変更の可能性があります.)
どのテーマも成果が楽しみです.

@リーン旋回機構を有するパーソナルモビリティと交通流の調和に関する研究
A追従走行時の燃費解析のための加減速制御ドライバモデル
B自律走行車両の運動制御アルゴリズムの開発
C車両特性変化に対するドライバの感覚閾値と適応に関する研究
D交通流解析のための二輪車ライダーモデルの構築
E高速道路合流部の運転支援システム構築
F次世代車両のための新操作系の開発に関する研究

写真はアナーバ,ダウンタウンの図書館の駐車場です.
給電スペースがかなり余裕をもって設置されています.
シボレーボルトPHVが目立ちますね.
001.jpg
posted by OSU-AVSL at 02:48| Comment(0) | 日記

2015年05月25日

Indy 500 mile Race

待望のIndy 500 mile Raceを見にインディアナポリスへ.
エンジンのコンストラクターはシボレーとホンダ.
今年からエアロキットもエンジンマニュファクチャラーが設計し導入しています.
かなり大胆なエアロパーツが目立ちます.
また,元F1ドライバ佐藤琢磨の参戦とあって周りがおそらく皆アメリカ人の中,観戦に気合いが入りました.

P5240728.JPG

佐藤琢磨のピット.ABC Supply AJ Foyt Racing Honda
ドライバ紹介の時,完全アウェイですが声援を送りました.

P5240711.JPG

スタートラップ,Caution開けのラップは特に盛り上がります.



佐藤琢磨,1周目でのクラッシュに巻き込まれ3Lap遅れ.
以降の追い上げは素晴らしかったです.



最後の5週はVerizon Team Penske Chevroletの2台,
元F1レーサーでお馴染みJuan Pablo Montoya(モントーヤ)とWill Powerがトップを交互に入れ替わりながらチームオーダー無しのデッドヒートで会場が大盛り上がりでした.
佐藤琢磨は一時は3Lap遅れから,最終には同一周回13位と大検討.Cautionのタイミングなども有りますが,コース上を一番早く走っていたのではないでしょうか.それだけに1周目のクラッシュは本当に惜しまれますがオーバーテイクを何度も見ることができて楽しめました.
posted by OSU-AVSL at 12:22| Comment(0) | 日記

2015年05月20日

ELI conversation circlesとマイコン

今週からEnglish Conversation Practice (ELI conversation circles)に参加することにしました.
自分の語学力の問題に加え,研究室でもネイティブスピーカーが居ないのでせっかくのアメリカ滞在に不安を持ってましたので,大学主催のカジュアルな少人数サークルに参加してみることしました.
1名のネイティブのスタッフを3〜4名程度の留学者で囲み,キャンパス近くのカフェで軽い雑談です.
今週は自己紹介とトピックスのリクエストでチップの文化とアナーバー周辺の美味しい店情報について情報交換しました.ちなみに美味しい店情報のリクエストは私からでした.
チップについて,日本もそうですがチップの文化が無い国から来た人の共通の悩みの様です.レストランとかは普通で良いのですが,生活をしていると電気工事とか大きな荷物の配送などチップが必要なのか微妙な場面があります.現地の人でも微妙みたいであまり明確な答えは得られませんでした.クリスマスや感謝祭前後はみんな気前よくチップを渡すとか・・・.
約一ヶ月と短いですが,軽いスラングや地元しか分からないTipsなんかを楽しく雑談します.
-----
渡米してしまえば仕事が減り,色々なことができるぞと夢を見て色々マイコンを持ち込んでました.
しかし実際は,国内にいるときの雑務も結局パソコンとネット環境で完結できる物が多いので思ったようには時間が取れませんが時間を見て遊ぼうと思ってます.
日本から荷物にこんな物を入れていたけど,怪しまれなかったのでしょうか?

P5140538.JPG

STEM (Science, Technology, Engineering, and Math) という機関が売りに出しているPi-Bot.
子供の教育用でArduino互換ボードと簡単なロボットのキットです.

P5140532.JPG

早速組み立て.あとはプログラミングして遊んでみようと思います.
今BeagleBoneも注文中.実習の教材の一つでも作って帰りましょうか.

P5140535.JPG

時差の関係で,こちらの夜中に日本からのメールが多く受信されます.反射的に起きて返信してしまいますが,翌朝までやり過ごす勇気が必要です.
posted by OSU-AVSL at 02:34| Comment(0) | 日記

2015年04月26日

ミシガン大学生活と納車

生活基盤を整えるのに何かとバタバタしていましたが,やっと落ちついてきたところです.
研究室の活動としては週1回のミーティングで持ち回りで話題提供を行っています.
徐々にUMTRIなど他の研究関係に関わっていきたいと思っています.

IMG_3361.jpg

私の居室は,ミシガン大学アナーバーNorthキャンパス,
Walter E. Lay, Automotive Laboratoryの中にあります.

P4060256.JPG

ベルタワーが目印のノースキャンパス.
訳の分からない前衛的な音色を長々と奏でています.



機械工学科内の他の滞在研究員と同室,場所は地下で正直居心地は良くありませんが,贅沢は言えません.

IMG_3364.jpg

学内には無線LANでネット環境は張り巡らされ,電源も確保できます.
コーヒーもほとんど無料で配られているので,デスクワークは好きな所でしてます.

IMG_3365.jpg
IMG_3362.jpg

学食は充実.カフェ,ビュッフェ,ファーストフード,和食,中華.
サンドウィッチはSUBWAYなみのフルオーダーで難関.

P4170331.JPG

Sushi, 内容はちょっと間違ってますが味はまあまあです.

P4170330.JPG

キャンパス間の移動はバスか車.鍵の管理,駐車場の管理,保険など全てが独立した会社になっています.
大学自体が都市になっています.居室の鍵をもらいにわざわざ車でキーオフィスまで取りに行きました.
キャンパス内ではカーシェアリングやレンタルサイクルのシステムがあります.

P4170333.JPG

 話は変わり,購入した車が納車されました.当初10ヶ月という短さからレンタカーでやり過ごそうと思っていました.
しかし,円安の影響もあったり,車のレンタル代金は長期でかなり安くなるのですが,保険代金はレンタカー会社でもどうにもならないので,結局中古車の購入となりました.
購入したのは,私らしくありませんが・・・約10年落ちのAcura TL 3.2 Sedan.
おそらく日本には入ってないグレードのインスパイアだと思います,
VTEC V6 3.2Lは225HPと無駄にパワフルです.ハイオク仕様ですが,もともとガソリンが安いので問題なしです.
シートヒーター,BOSEサウンドシステムなどなど望んではいませんがフル装備です.
でも程度が良く走行距離の割に安かったんです.ディーラーの方も勧めてくれました.
レンタカーのフォードともお別れ.
P4250399.JPG

ナンバーはセロテープで貼り付けた紙切れ,仮ナンバー.後から送られてくるようです.

P4190369.JPG

車の確保ができたので遠出の計画をたてようと思います.
posted by OSU-AVSL at 09:49| Comment(0) | 日記

2015年04月16日

Conference Call - Hangouts -

アメリカ滞在中の大学院生の指導は遠隔で行っています.
普段のメールのやり取りとネットミーティングです.
時差を考え11:00(JST)-22:00(EDTサマータイム)から
Google+のハングアウトを利用しています.Skypeなどの案もありましたが,
普段からGoogleドライブやグループを研究室で利用しており,
Officeソフトとの親和性やデスクトップ共有が簡単なので利用しています.

今のところ前準備や短期大学部,北澤先生の直接のご指導によりうまくいっています.
帰国は1月末ですから,修士論文完成まで遠隔で行います.

IMG_3335.jpg
posted by OSU-AVSL at 13:34| Comment(0) | 日記

2015年04月05日

フォード Fiesta

渡米後4日.色々な事務手続きが毎日と,日本で消化できなかった仕事,時差ボケで疲れ気味です.

こちらでは車の確保が重要です.車がないと何もできません.
10ヶ月という中途半端な期間で色々迷うところですが,まずは日本から1週間分のレンタカーを確保していきました.
今のところ保険や維持費などを考えるとレンタカーが一番使いやすいのかと思ってます.長期の割引を交渉してみます.

まず最初の車はFord Fiesta.予約時は一番小さいFocusクラスでしたが追加料金無しで一つ上のグレードでした.
というより,あまり関係なさそうで,有る車から選んで良いようです.(バジェット)

特に感想はありませんが,とても静かな車でエンジンがかかっていることを忘れてしまいます.
(普段の車がいかにうるさいか・・・かもしれませんが.

IMG_3275.jpg
posted by OSU-AVSL at 08:28| Comment(0) | 日記