2016年08月28日

27日(土)28日(日)オープンキャンパス

夏の二日間連続オープンキャンパス.
盛り上がりたいところですが・・・.
閑散としています.見学者もまばら.
日程の設定を誤ったのでしょうか.

研究室の展示では二日間,4名の卒研生がアルバイトで手伝ってくれました.
20160827_140207670.jpg

20160827_140413005.jpg

20160827_140425173.jpg

2輪,実験車両!!

20160827_140432857.jpg
posted by OSU-AVSL at 13:30| Comment(0) | event

2016年07月31日

オープンキャンパス 7/31

本日はオープンキャンパス.
朝までほとんど準備が出来ていなくて,ばたばたしました.
それに加え,本年度は学科の入試委員.ちょっとキツかったです.

研究室の展示では2名の卒研生がアルバイトしてくれました.ありがとうございます.

以前は無償で手伝いに来てくれたり,当日来られない学生は前日までに色々準備してくれたものですが・・・.
バイト代,昼食,お茶支給くらいでは駄目なのでしょうか.
自分には関係無い事のように思われているようで悲しいです.もちろん全員ではありませんが.
今日は疲労で少しぼやいてみました.

IMG_7340.JPG

DSの取材,ビデオ撮影.


次回は8/27,28連日になります.
posted by OSU-AVSL at 17:31| Comment(0) | event

2016年07月01日

神戸大学非常勤2016

隔年で神戸大学で非常勤をしています.
先端機械工学詳論「自動車性能論」
本日から3週集中で講義します.

神戸大学,正直交通の便が悪いので自家用車で.

IMG_7138.JPG

主に走行抵抗と駆動性能を講義し,本学の「自動車性能論」の短縮版で,
エンジン,車体の組み合わせを自由に選択し,車両を設計して走行性能曲線をレポート提出する内容です.
毎回,雰囲気は違いますが,今年は話をよく聞きながらメモを熱心に取っている学生が多く見られます.
本学の学生と違って普通の機械工学科の学生なので,自動車の用語を使うときに気をつかいます.

IMG_7139.JPG

posted by OSU-AVSL at 19:56| Comment(0) | 日記

2016年06月28日

パーソナルモビリティDS実験準備

昨日から名古屋入りし,名古屋大学,ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC),
大型4K5面立体視ドライビング・シミュレータによるリーン機構を持つPMVの実験準備を行ってきました.
なかなか思ったようには進まなく,時間が過ぎていきます.
2週間後の本実験に向けて焦ってきました.

IMG_7128.JPG

IMG_7124.JPG
posted by OSU-AVSL at 23:26| Comment(0) | 研究

2016年06月26日

基礎セミナー 「自動車の運動力学」2016年

昨日の東大駒場から本郷へ.

主催:日本機械学会 交通・物流部門
基礎セミナー 「自動車の運動力学」を
2016年6月25日(土)東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館
で行いました.

赤門,東大を目指す高校生のように撮影.

IMG_7077.JPG

安田講堂はだいぶ前に修復は終わったのでしょうか,
以前見たときは工事中でした.古く趣のある校舎が残っているのは良いですね.

IMG_7079.JPG

各テーマを講師が毎年ローテーションしています.
昨年は留学のため一年休み,今年度は「運動方程式」を担当しました.

IMG_7082.JPG

司会 小竹 元基(東京大学) 9:50- 10:00 開会挨拶 山門 誠(神奈川工科大学)
10:00-11:00 タイヤ力 ポンサトーンラクシンチャラーンサク(東京農工大学)
11:05-11:55 運動方程式 金子 哲也(大阪産業大学)
11:55-13:00 昼休み
司会 関根 太郎(日本大学)
13:00-14:00 運動性能 山門 誠(神奈川工科大学)
14:05-14:55 サスペンション機構 小竹 元基(東京大学)
14:55-15:10 Coffee Break
司会 金子 哲也(大阪産業大学)
15:10-16:00 振動・乗り心地 関根 太郎(日本大学)
16:05-16:55 ドライバモデル 椎葉 太一(明治大学)
16:55-17:00 閉会挨拶 ポンサトーンラクシンチャラーンサク(東京農工大学)

聴講者は140名を超え盛況でした.学生から企業の若手,
企業などでキャリアを積んだ「初学者」ではない方もいましたが,
改めて基礎の復習としていただけていたら幸いです.

私も学生の頃は毎年参加して勉強をしていましたが,
当時はこちらの講師の立場になるとは想像していなかったです.

IMG_7083.JPG

終了後は講師陣で反省会,聴講者に回答していただいたアンケートを回し読みして次回にフィードバックします.
話は我々の恩師に相当する代(シニアビークルダイナミシスト)から自分たちの代へと盛り上げるための方策など議論は広がりました.
終電を気にしながら語らうのも落ち着かないので,結局東京に延泊しました.

IMG_7087.JPG

明日は名古屋です.
posted by OSU-AVSL at 11:11| Comment(0) | 学会

2016年06月24日

先進モビリティ,無人バスプロジェクト打ち合わせー東大駒場へ

本日は東京大学駒場リサーチキャンパス内,
株式会社先進モビリティへ,無人バスプロジェクトの打ち合わせへ.

確かこの建物は京都駅と同じ建築家だったような・・・

IMG_7072.JPG

今回は,以前提供したプログラムのレクチャーが主な目的でしたが,
結局はシステムが違うので,ほぼ全体を構築し直す必要があり,
自分の手を動かした方が速い気がしましたので,私自ら行います.
コーディング,実装,実験等のタスクが増えました.時間が足りるか心配です.

IMG_7075.JPG

明日は本郷キャンパスで「運動力学」講習会講師,東大のはしごです.

posted by OSU-AVSL at 23:13| Comment(0) | 研究

2016年06月19日

2016年度第1回オープンキャンパス

本日は2016年度の始めのオープンキャンパスでした.
研究室として2年ぶりの公開.準備には時間がかかりました.
もっと盛り込みたい新しいコンテンツがありましたが,昨年のツケを払うべく,
入試委員の仕事に追われ,なかなか手が付けられませんでした.これからです.

補修が間に合わなかったドライビングシミュレータ.次回は試乗できるように・・・

IMG_7045.JPG

ソフトバンクドライブ,無人バスプロジェクト.ZMPロボットカー.

IMG_7049.JPG

パーソナルモビリティのビデオ,自律走行実験車両LiDARデモ

IMG_7047.JPG

四輪アクティブ操舵実験車両

IMG_7029.JPG

卒研生3名がアルバイトで手伝ってくれました.

IMG_7046.JPG

前日に高校生の見学がありましたので,準備は前日にほぼ完了していたので助かりました.

IMG_7033.JPG

posted by OSU-AVSL at 16:55| Comment(0) | 日記

2016年06月07日

パーソナルモビリティ実験打ち合わせ

本日午後から本学の梅田サテライトキャンパスにて,
日本大学より栗谷川先生にお越しいただき.
パーソナルモビリティプロジェクトのシミュレータ実験の打ち合わせを行いました.
栗谷川先生は今年9月から約1年間海外滞在と言うことで,
なんとか国内にいる間にまとめておきたい用件を話し合いました.

IMG_6990.JPG

打ち合わせ,夕方からは場所と飲み物を変えて続きます.
栗谷川先生とは大学の同級生,学会などで頻繁に会う機会はあるものの,
ゆっくり話す時間は久し振りのような気がします.
同級生で同業種ならではの話が続き,新幹線の時間まであっという間に時間が過ぎました.
posted by OSU-AVSL at 21:08| Comment(0) | 日記

2016年05月27日

自動車技術会 2016年春季大会

毎年開催の自動車技術会 2016年春季大会に参加,論文発表してきました.
以下,1件スピーチ,ほか2件連名発表をしました.一応の規定上一人1件のスピーチなので,
自動運転関連は私が留学中,実験,大学院生指導ほかもろもろ尽力いただいた北澤先生にお願いしました.

大型5面立体視ドライビングシミュレータによる人間自動車系の研究(第3報)
-追従走行時のエネルギー消費低減-
原口哲之理(名古屋大学)景山一郎(日本大学)金子哲也(大阪産業大学)浅野智也・井上陽心(日本大学)

リーン機構を持つパーソナルモビリティビークルの道路交通における調和に関する研究(第1報)
-ドライバのリスク感覚の相互干渉を考慮したミクロスケール交通流シミュレーション-
金子哲也(大阪産業大学)景山一郎(日本大学)原口哲之理(名古屋大学)栗谷川幸代(日本大学)

周辺交通との相互調和を考慮した自律走行車両の制御目標生成に関する研究(第一報)
-リスクポテンシャルおよび車両運動モデルを用いた操舵目標生成について-
北澤章平(大阪産業大学)金子哲也(大阪産業大学)蓋云天(大阪産業大学大学院)

地方私学の1大学教員で現在大学院生がいない現状で,連名とはいえ3件発表はハードでしたね.
しかも2件はプログラムの構成上,全く同時刻で隣の部屋で講演になってしまい,聴講も出来ませんでした.

IMG_6868.JPG

また,共催「自動車技術展 – 人とくるまのテクノロジー展」も一通り見てきました.
話題の○菱自動車のブースは,なぜか大盛況.人間の心理は不思議です.

IMG_6873.JPG

近年,自動運転に積極的に取り組むコンチネンタルのブース.
自動化レベル,米,日本と5段階ですが,6段階に分けていますね.
レベルの順番で実用化が進むとは思えませんね.
とくに安全の面から,ここでのレベル3は絶対あり得ません.
制御の限界時にいきなり操縦をドライバに返されても・・・.

ほか,AVLのブースでは昨年ドイツ,Kemptenで大変お世話になったシュナイダー先生にお会いできて,その時の御礼も直接出来ました.今年はまた9月にミュンヘンの国際会議AVECでお会い出来る予定です.

posted by OSU-AVSL at 12:23| Comment(0) | 学会

2016年05月21日

東京 会議はしご

5月20日(金)は東京で会議をはしご,
午前中は,信濃町の機械学会会議室にて
日本機械学会交通物流部門,広報・出版委員会
年に2度学会誌と一緒に配布されるニュースレターの打ち合わせでした.

IMG_6831.JPG

午後は市ヶ谷に移動し
自動車技術会,第1回車両特性デザイン部門委員会に出席,
今回は私が話題提供で軽く『ミシガン滞在記』と主にその間,取り組んでいた研究内容として
次世代車両(パーソナルモビリティ・自動運転車両)と交通流の調和に関する研究
をテーマに新しいモビリティと既存交通の調和をテーマにした研究内容を1時間ほどプレゼンしました.

IMG_6833 (1).JPG

年々仕事は増えていく,この傾向はいつまで続くのか・・・.
来週は横浜です.
posted by OSU-AVSL at 16:59| Comment(0) | 学会

2016年05月17日

2016年度卒業研究,第1回研究発表会

本日夕刻より,2016年度卒業研究,第1回研究発表会を行いました.
卒業研究の良いスタートを切るための大事な発表会です.
内容の出来は個人差はあれど,まだまだ問題は多く,これからといった感じです.
早急に『研究』に取り組んでいきましょう.

ともあれ,本日はお疲れ様でした.近々,懇親会しましょう.

IMG_6819.JPG

IMG_6814.JPG
posted by OSU-AVSL at 21:51| Comment(0) | event

2016年05月12日

先進モビリティ来校,研究打ち合わせ

東京大学生産技術研究所 次世代モビリティ連携研究センター発,
ベンチャー企業,先進モビリティ株式会社より本学に来校いただき,
ソフトバンク出資の自動運転プロジェクトの打ち合わせを行いました.
自動運転車両における制御目標生成アルゴリズムのノウハウから
危険回避アルゴリズムの開発・提供とソフトウェアのアドバイス支援を進めていくことを約束しました.
またまた,さらに忙しくなりそうです,3年後の公道走行を目指します.

IMG_6728.JPG
posted by OSU-AVSL at 17:35| Comment(0) | 研究

2016年05月11日

基礎セミナー「自動車の運動力学」の案内

以下,毎年恒例(昨年,私は留学のため欠席でしたが・・・)のセミナーを開催します.
特に関東方面で活躍の卒業生の皆さんの参加お待ちしております.

基礎セミナー「自動車の運動力学」
〔協賛予定:自動車技術会,計測自動制御学会,システム制御情報学会〕
詳細
http://www.jsme.or.jp/tld/home/archives/event/VD_sem/2016/No16-60.pdf
セミナーページ
http://www.jsme.or.jp/tld/home/archives/event/VD_sem/index.htm

行事No.16-60 2016年6月25日(土)
東京大学工学部2号館講義室
〔東京都文京区本郷7-3-1/電話(03)3812-2111〕
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
定員140名 (定員になり次第締切ります)

【内 容】
司会 小竹 元基(東京大学)
9:50-10:00 開会挨拶 山門 誠(神奈川工科大学)
10:00-11:00 タイヤ力 ホ゜ンサトーンラクシンチャラーンサク(東京農工大学)
11:05-11:55 運動方程式 金子 哲也(大阪産業大学)
11:55-13:00 昼休み

司会 関根 太郎(日本大学)
13:00-14:00 運動性能 山門 誠(神奈川工科大学)
14:05-14:55 サスペンション機構 小竹 元基(東京大学)
14:55-15:10 Coffee Break

司会 金子 哲也(大阪産業大学)
15:10-16:00 振動・乗り心地 関根 太郎(日本大学)
16:05-16:55 ドライバモデル 椎葉 太一(明治大学)
16:55-17:00 閉会挨拶 ホ゜ンサトーンラクシンチャラーンサク(東京農工大学)

参加費
費用は当日会場にて申し受けます.
会 員 5,000円(学生会員 2,000円)会員外 8,000円(一般学生 3,000円)
なお,協賛団体会員の方も本会会員と同じ取扱いとさせて戴きます。
印刷教材は配布せず,WEBから各自ダウンロード・印刷して持参して戴きます。

申込方法
下記ページから開催3日前までにお申込み下さい.
http://www.jsme.or.jp/conference/tld_VDsem/sanka/jizen.html

DSC_0652.jpg
posted by OSU-AVSL at 09:58| Comment(0) | event

2016年05月01日

2016年度 研究室OB会

本年度もゴールデンウィーク恒例のOB会を開催しました.
当初,連絡が取れない人が多く,少人数が予想されましたが,
最終的には比較的多くの卒業生が集まってもらえました.

現役生も参加し,縦のつながりが続けばいいですね.
遠方からお越しの皆さんありがとうございました.

IMG_6526.JPG

松浦先生も昨年は体調の心配もあったようですが,回復されご健在です.
来年も開催します.本年度の参加者はもちろん,今回都合が合わなかった皆さん,
連絡を取り合ってより多くの参加をお待ちしています.
段取り,準備いろいろ北澤先生ありがとうございました.

IMG_6546.JPG

私,金子は,ほろ酔い,ただただ楽しい時間を過ごしました.
posted by OSU-AVSL at 00:10| Comment(0) | event

2016年04月16日

2016年度,研究室OB会開催案内

今年もゴールデンウィークにOB会を開催いたします.
下記日程で準備しておりますので,是非ご出席いただければと存じます.

4月30日(土) 14:00〜
大阪産業大学15号館1階実験室(予定)
会費3000円(今年の卒業生は無料),飲み物と軽食を用意します
今年度は松浦先生,北澤先生,私金子(生)と揃う予定です.

なお,連絡先メールアドレスを把握している皆様には,すでに同様の連絡が送信されていると思います.
それ以外,本ブログを見た方,また同窓生など,お誘い合わせていただければありがたく存じます.
開催メールを転送していただくと助かります.

メールに返信の形で,学籍番号とお名前をご記入の上で,
4月24日までにOB会長?北澤先生まで出欠をご連絡いただきますよう,お願いいたします.

写真は昨年度OB会,ネットミーティングでミシガンから参加の様子.

P5020450.JPG


posted by OSU-AVSL at 17:34| Comment(0) | event

2016年03月31日

特集:自動車開発における人間研究

自動車技術会学会誌「自動車技術」4月号が発行されました.
特集:自動車開発における人間研究,ドライバモデルの項に
「運転者特性を考慮した自律走行車両のためのドライバモデル」
と題して,我々の研究室で行ってきた自動運転関係の取り組みの一部が掲載されています.
関わったOBの皆さんも多いでしょう.

IMG_6265.JPG

IMG_6266.JPG

実は,一番言いたいことは「フェース」に書いていたりします.

IMG_6267.JPG
posted by OSU-AVSL at 14:01| Comment(0) | 学会

2016年03月23日

企業研究打ち合わせ(トレーラの自動化)

本日,某トレーラメーカー様に来校いただき打ち合わせを行いました.
課題はトレーラの自動運転(制御)化についてです.
自動運転社会に対して今後のトレーラメーカーとしての技術開発の進め方について議論させていただきました.
これまで我々の研究室で取り組んできた関連研究を紹介し,どのような事が共同でできるかなどの概要を話しました.
私の主観としては好印象でした.今後きちんとしたプロジェクトとして発展できれば良いのですが・・・.

IMG_6149.JPG
posted by OSU-AVSL at 15:14| Comment(0) | 研究

実験実施「DSによる走行エネルギー低減のための研究」

20,21日,世の中は連休ですが,名古屋大学 National Innovation Complex: NICにて,実験を行いました.
本研究は名古屋大学,日本大学,IPG Automotiveとの連携で行っています.
「DSによる走行エネルギー低減のための研究」と題して,ドライビングシミュレータを用いてドライバの運転動作と車両特性,走行エネルギとの関係の最適化を図る目的です.
特に3D立体視可能なシミュレータとIPG CarMakarの車両モデル(特にパワートレーン)を用いて実車を走らせずに上記の課題に取り組むという試みです.

今回は倫理審査委員会の正式な承認を得て,外部から被験者を募って本実験を実施しました.
ミシガンから帰国後,名古屋大学に通いこのための準備を行ってきました.
被験者2名の様々なデータを取得することができました.
このデータを基に解析を進め,得られた知見は今後学会での論文発表を予定しています.

NIC,ドライビングシミュレータ.
IMG_6140.JPG
IMG_6138.JPG
クリップボード01.jpg

被験者による本実験の様子.
IMG_6141.JPG

ScreenClip[2].jpg
posted by OSU-AVSL at 11:55| Comment(0) | 研究

2016年02月15日

2015年度博士前期課程,公聴会

本日は,タイトルの様に大学院修士課程の公聴会でした.
我々の研究室からはガイ・ウンテン,1名の審査がありました.
タイトル
「周辺交通との調和を考慮した自律走行車両のための制御目標生成に関する研究」
1年間はアメリカから遠隔の指導になりましたが,北澤先生などの協力により何とか修論提出まで漕ぎ着けました.

IMG_5866.JPG

内容には心配がありませんでしたが,練習では言葉(語学)の問題で心配していましたが,
本番に強いようです.時間配分もパーフェクトでした.
その後の審査でも全会一致で合格となりました.先生方の指摘を踏まえ,最終版の提出となります.
ひとまず,お疲れ様でした.

IMG_5868.JPG
posted by OSU-AVSL at 16:12| Comment(0) | event

2016年02月14日

名古屋大学:NICにて実験準備

13日,前日名古屋入りし14日の朝から.
研究プロジェクトの実験準備のため
名古屋大学,National Innovation Complex: NICへ.
ドライビングシミュレータの長時間確保のため休日を狙います.

IMG_5842.JPG

ショールームの様に実験車両が並んでいます.

IMG_5862.JPG

今回はドライビングシミュレータ習熟のため主に端末操作をマスター.
実験シナリオなどの打ち合わせを行いました.
車両モデルはIPG-CarMaker, 画像などはFORUM8です,

IMG_5853.JPG

4K3D描画,モーションのためのPCラック.

IMG_5848.JPG

PMVの車体とモーションベース.完成した直後に渡米してしまったので今回が初.

IMG_5852.JPG

3Dの描画は,かなり没入感があります.

IMG_5858.JPG

来週末も通います.
明日は朝から大学院公聴会,自宅に帰ります.

posted by OSU-AVSL at 21:50| Comment(0) | 研究